亮の介護士日記

介護士1年目亮です。このブログでは介護の魅力、体験した出来事などを紹介します。

なぜ介護士になったのか?

こんにちは。

本日は自己紹介も兼ねて私がなぜ介護士という仕事に就いたのか、

というお話をさせて頂きたいと思います。

 

私は普通の4年制大学を出ていますが全く福祉とは関係ありませんでした。

では何故介護士になろうと思ったのか、理由は2つあります。

 

まず1つ目は母が介護の仕事をしている為です。

母は現在小さな有料老人ホームでサ責の仕事をしているのですが、

色々と介護についての話を聞く機会もあり、

こんな出来事があった、こんな利用者様がいたなど

ご飯を食べながら色々聞いているうちに興味を持ちました。

母は私に中学生か高校生くらいから福祉業界を勧めてきて、

どこの大学にしようかな〜と悩んでいる私に

「福祉系といいいんじゃないの!?」

とよく言ってきたことを覚えています。当時の私は、

「いやいや、大学生は人生の夏休み。なるべく楽なとこ!」

と適当に選んでしまったことを少しだけ後悔しています。(笑)

 

2つ目は私がやっていた活動についてです。

私は以前空手をやっており、ボランティアで老人ホームを訪問して

空手を披露するという機会が多々ありました。

中には泣いて喜んでくれる利用者の方もおり、

そう言ったことにやり甲斐を感じていたという節もあります。

その頃から「よし!介護士になろう!」と決めていた訳ではありませんが

おじいちゃんおばあちゃんと関わる仕事という

ざっくりとしたジャンルで興味を持ち始めました。

 

以上が私の介護士になった理由なのですが、完全に”興味”です。

介護士になる方の中には、親が介護を必要になった時のためや

人と関わる仕事が好きだからなど色々あると思いますが

私の場合はそこまで深くは考えていませんでした。

ですが初めてみればすごく魅力のある仕事です。

介護に触れたことのない人たち、特に今の若い世代に

この仕事の魅力が伝えられるようにしたいですね^^