亮の介護士日記

介護士1年目亮です。このブログでは介護の魅力、体験した出来事などを紹介します。

利用者様が可愛い?

こんにちは。

本日は利用者様が可愛いというテーマについてお話ししたいと思います。

 

みなさんが介護施設で利用者様と触れ合う中で

利用者様が可愛いと思う場面はありますでしょうか?

認知症などの影響により子供返りをしてしまい

子供のような行動をとってしまう利用者様を可愛いと感じる場面は

少なからずあるのかもしれません。

 

私が以前見学させていただいた介護施設でこのようなことを言われました。

”利用者様は人生の大先輩。可愛いという言葉を使ってはいけない。”

 

私は成程と思いました。

 

勿論それは正しいと思います。

利用者様は全員が年上です。人生の大先輩です。

こちら側がお世話をする立場ではありますが、

下に見るような言動・行動は控えなければなりません。

 

では実際の接し方はどうすればいいのか。

 

私が実際に働いてみて感じたのは、

”可愛いのように子供扱いをして下にみるような行為はNG。

ですが同じ立ち位置で接することはOK。”

ということです。

 

同じ立場でというのは利用者様に対して明らかに

下から下から接するのではなく、

上でも下でもなく同じ立場でということです。

 

そう感じたのは例えば、

「こんなことも出来なくてごめんね。」

「私なんて…。」

のように自分を卑下してしまうことがあると感じた為です。

 

利用者様全員がそうであるとは限りませんが、

下に下に気持ちが向いてしまう利用者様に対して

こちらも下から接するのではなく同じ立場で接することで

自分を卑下してしまう気持ちが和らぎ、

利用者様の気持ちも楽なのではないか?と感じました。

 

ガチガチに敬語を使って接するのではなく、

時にはフレンドリーに、ある意味友達のように接する。

そのような接し方です。

 

勿論、人生の大先輩ではありますので

尊敬という気持ちも忘れてはいけません。

直接「可愛い。」という言葉をかけるというのは

違うのかなと思います。

子供扱いされていると利用者様が感じてしまうような事は

避けなければならないと思います。

 

友達のようにタメ口で接するということは

実際推奨される接し方ではないのかもしれません。

ですが場合によっては必要で有効な介護なのかなと思いました。

 

実際私が働いている施設はそこそこに大きな施設で

利用者様も勿論、職員もかなりの人数がいます。

必ず敬語で接する職員、タメ口でフレンドリーに接する職員と

様々な方がいます。

 

私はまだまだ経験が浅いので、今回お話しした内容は

周りの先輩職員を見て感じた感想ではあります。

 

みなさんは利用者様と接する時どのようなことを

心掛けていますでしょうか?