亮の介護士日記

介護士1年目亮です。このブログでは介護の魅力、体験した出来事などを紹介します。

寂しい…

みなさんこんにちは。

 

いやーすみません。

いくらなんでも不定期投稿が過ぎますね(汗)

 

毎日ではなくともどのくらいの感覚で

週何回、月何回投稿するのか

もう少しブログに慣れてきたら考えますので

それまでは我慢してください!(笑)

 

あと他の方のブログを読んでみると

ブログのデザインとか記事のレイアウトとか

すごいんですよね。

 

僕もやってみたくて少し調べまして

デザインを変えてみました。

記事のテーマごとに見れるようにしてみたので

少しはみやすくなったでしょうか?

 

今私パソコンで記事書いてるんですが

今の世の中見る方達はスマホのが多いですよね。

もっとスマホの方達にとっても

見やすい読みやすいブログになるよう

色々勉強していこうと思いますので

よろしくお願い致します^^

 

 

 

 

さて、雑談が入ってしまいましたが

本題のお話をしていこうと思います。

 

先日私が働いている利用者様で

特養の入所が決まり対処された方がいます。

 

その方は車椅子使用されている方で

認知症もかなり進行し指示はほぼ入りません。

 

立ち上がり転倒のリスクも

かなり高いので

居室にセンサーマットの敷き、

車椅子センサーを使用していました。

 

実際入所してきた当初は

転倒も何回かあり、失禁・不潔行為もありました。

 

段々と対応の仕方がわかってくると

転倒防止の対策の効果もあり転倒はなくなり

失禁や不潔行為も無くなりました。

 

ですが夜間はなかなか眠ってくれません。

 

夕食後トイレ誘導をし臥床していただいても

すぐに起き上がりセンサーコールがあります。

 

夜間も定期的に起き上がってしまうので

センサーコールがあるたびに訪室して

フロアへ誘導し、

お話ししたり新聞など読んで頂いたりしながら

夜間を過ごす感じになります。

 

そんな感じで夜間結局ずっと起きていた

なんていうような日もあるのですが

そんな日は昼間車椅子に座りながら寝てしまいます。

そうすると昼夜逆転で夜眠れない。

といったような方です。

 

 

こういった言い方が正しいのかは分かりませんが

なかなかに手のかかる利用者様でした…(笑)

 

その方が退所になり、

夜勤帯かなり静かになりました。

最初はちょっと楽になるなぁ、なんて

そんな風に思っていましたが、ふと、

「あれ、なんかちょっと寂しいかも。」

と…(笑)

 

看護師さんも

「◯◯さん元気かなぁ〜。」と…。

 

元気ですかね〜って返しましたが

あっ寂しいんやと思って

少し笑ってしまいました…(笑)

 

なかなか大変だった分、でしょうか…(笑)

 

 

 

 

また、私がいるのが老健という

比較的入退所の激しい施設だからこそ

そういった気持ちにもなってしまうのかな、

とも思いました。

 

違った形態の施設ですと

入居されている期間はもっと長く

また違った思いもあるかとは思いますが…。

 

 

 

みなさんはそういった経験はありますでしょうか?